GooPass(グーパス)の口コミや評判を徹底調査!メリットやデメリットについても!

10 min 100 views
グーパスの口コミ

携帯電話でも綺麗な写真が撮れるけど、「写真」という感覚のある一眼レフカメラを使ったことはありますか?

私は初級機を10年ほど利用していて、レンズもそれなりにあるので、そろそろ中級機に手を出したいな…と思っている、そこそこに趣味としてカメラを楽しんでいるライトユーザー。

でも…カメラって、かなり高い買い物で…なかなか次に踏み出せない!

そんな悩みを解消してくれるサービスが、今回ご紹介のGooPass(グーパス)!

カメラ本体やレンズといった機材がレンタルできるサブスクサービスです。

これからカメラを始めたいと思っている人や初心者の方、私のような中級者の方、そして極めていっている上級者の方、誰もが利用することができるように考えられたサービスですよ。

私自身、これからGooPass(グーパス)を利用しようと思っているので、同じように気になる方のために記事をまとめさせていただきました!

ぜひ、最後まで読んでいってくださいね♪

今回は、以下のことについてまとめました。

  • GooPass(グーパス)ってどんなサービス?
  • 口コミや評判
  • 利用するメリットとデメリットは?
  • おすすめの人は?

GooPass(グーパス)のいい口コミは、以下3つ。

  • カメラのレンタルでこれは安い!
  • 購入前のお試しができる!
  • サービスが行き届いていて好印象!

悪い口コミは、以下3つでした。

  • 利用の際の審査が必要…
  • 人気商品は借りられないことも
  • 個人情報の取り扱い、大丈夫?

口コミなどから、GooPass(グーパス)のメリットとデメリットについても以下の6項目にまとめました。

  • メリット1:リーズナブルに高級カメラ・レンズが利用できる
  • メリット2:購入前のお試しに最適!
  • メリット3:サービスに好印象!
  • デメリット1:高ランクには審査がある
  • デメリット2:レンタル中で借りられないものもある
  • デメリット3:個人情報の登録がちょっと不安かも

GooPass(グーパス)は、カメラが好きorこれからカメラを始めようと思っていて、様々な機器を試してみたい、レンタル品に抵抗のない人におすすめのサービスですね。

これからGooPass(グーパス)を利用したいと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

\今すぐGooPass(グーパス)を申し込んでみる!/

GooPass(グーパス)ってどんなサービス?

運営会社はカメラブ株式会社

GooPass(グーパス)の運営会社、カメラブ株式会社についてまとめました。

会社名カメラブ株式会社
代表者名高坂 勲
所在地〒150-0041東京都渋谷区神南1-10-6 Barbizon98-10F
設立2017/4/10(フォトの日)
Webサイトhttps://camelove.co.jp/
事業内容カメラ機材レンタルサービス事業ブランディング映像制作事業WEBメディア運営事業

GooPass(グーパス)の運営会社、カメラブ株式会社は社名から分かる通りカメラが大好き!ラブ!な会社ですね。(笑)

設立日もフォトの日にしているなど、非常にこだわりが見えるあたりにとても好感が持てます…!

今回ご紹介のGooPass(グーパス)はカメラレンタルのサブスクですが、それ以外にもカメラのウェブメディア#GooPass MAGAZINE(グーパスマガジン)の運営や、ブランディング映像制作の「SCENECROP」を行っています。

いずれにしても、カメラに関わることを突き進んでいるカメラが大好きな会社!ということですね^^

そんなカメラブ株式会社が運営するサブスクサービスであるGooPass(グーパス)のサービス内容を詳しく見ていきましょう!

GooPass(グーパス)のサービス概要

GooPass(グーパス)は、月額料金を支払うことでカメラ本体やレンズといったカメラ機器がレンタルできるサブスクサービス。

月額料金はレベルによって変わり、5800円(税込6380円)~79800円(税込87780円)までの9種類があり、それぞれのプランを「レベル○パス」と呼んでいます。

契約しているパスのランクによってレンタルできる機器も変わりますよ。

複数の商品をレンタルしたい場合は、パスを追加で契約することで利用することができるようになっています。

GooPass(グーパス)のサービス内容
  • 月額5800円(税込6380円)~79800円(税込87780円)までの9種類
  • 送料無料
  • 補償制度あり(免責2000円~5000円)
  • 休会も可能
  • 最低利用期間1か月
  • 高いランクのパスには審査がある
  • 支払はクレジットカードのみ
  • 梱包料が発生する場合あり

GooPass(グーパス)の利用料金とコース一覧

それでは、詳しい利用料金を見ていきましょう!

GooPass(グーパス)の月額料金は5800円(税込6380円)~79800円(税込87780円)と9種類のコースがかなり、かなり大きく幅があります。

それぞれのプランは「パス」と呼ばれるランク分けがされており、ランクによってレンタルできる機材が変わるので、自分が利用したい機材・機器のランクに合わせた契約をする…という利用方法ですね。

初級機のレンタルであればランク2から可能なので、高額なランクに関しては上級者向けというイメージで問題なさそうです。

以下GooPass(グーパス)のコースと料金表になります。

パス(ランク)月額利用可能のランク主な機材
Lv1パス5,800円(税込6,380円)Rank1のみ初級レンズアクションカメラ等
Lv2パス9,800円(税込10,780円)Rank1~2初級本体+レンズセットレンズ等
Lv3パス13,800円(税込15,180円)Rank1~3初~中級本体+レンズ(広角等)セット等
Lv4パス17,800円(税込19,580円)Rank1~4中級本体+レンズセット等
Lv5パス23,800円(税込26,180円)Rank1~5中級本体+レンズセット等
Lv6パス29,800円(税込32,780円)Rank1~6中~上級本体のみ中級本体+レンズ(広角等)セット等
Lv7パス39,800円(税込43,780円)Rank1~7上級機本体中級望遠レンズ
Lv8パス49,800円(税込54,780円)Rank1~8上級機本体等
Lv9パス79,800円(税込87,780円)Rank1~9上級機本体上級レンズ等

見てわかるとおり、初級~上級とレンタルできる機材のスペックが高くなるほどに月額料金も上がる仕組みです。

そのため、カメラにどの程度触れたことがあるかによって契約するパスのレベルは大きく変わります。

たとえば私であれば、自宅に初級機の一眼レフカメラ本体と単焦点レンズを持っているので、GooPass(グーパス)に挑戦するのであればレベル4パスで中級機本体+レンズセットを頼みたいな…と思いました!

さすがに、今の私にレベル8のような上級機は必要ないな…と思うので、自分に合わせたランクを選ぶのが肝になりそうですね。

GooPass(グーパス)でレンタルできるカメラの一例

Lv2パス

Nikon お手軽一眼レフ&単焦点レンズセット D7500 + 30mm F1.4 DC HSM

初心者でもお手軽に一眼レフカメラを始められるセット。

単焦点レンズはズーム等はできませんが、光を取り入れられるため明るい写真が撮りやすく、焦点の合っていない場所がきちんとぼやけてくれるので、「一眼レフで撮りました!」という写真が撮りやすいですよ。

GooPass(グーパス)公式ページより引用

Lv5パス

Canon 軽快フルサイズ一眼レフ&SIGMA大口径標準ズームセット EOS 6D Mark II + 24-70mm F2.8 DG OS HSM

初級機では物足りないのであれば、フルサイズでの写真が撮れる中級機体がおすすめ。

レンズもこのセットはCanonではなくSIGMAのズームセットということもあり、このようなセットでレンタルしてお試しできるのは非常に魅力的です。

これは私も普通に借りてみたい。(笑)

GooPass(グーパス)公式ページより引用

Lv8パス

Canon EOS-1D X Mark III ボディ

本格的な上級機がレンタルできるランク8でレンタルできるこちらは、新品で購入するとなると、安くなっても70万円以上はするカメラ。

月額で5万円以上はかかりますが、14か月利用してようやく本体購入価格になる程度のため、レンタルの月額料金が安く設定されていると思えるのではないでしょうか。

GooPass(グーパス)公式ページより引用

GooPass(グーパス)の口コミや評判は?

GooPass(グーパス)を利用している人の口コミを集めてみました。

良い口コミ

カメラのレンタルでこれは安い!

GooPass(グーパス)の口コミの中でやはり目立つのが、「安い!」という声。

カメラに触れたことがあまりない…という方にとっては、カメラの値段って結構びっくりするくらい高いものだったりします。

相場を分かっていると、レンタルのサブスクサービスとはいえ、この値段でこの機材が使えるの?!と驚くものばかり。

購入するときのような不安もなく、お試しが出来るという点でも非常にお得です!

購入前のお試しができる!

カメラやレンズの購入はとにかく悩みます。とにかくとにかく、本当に悩むんです。

出ていく金額も大きいことはもちろん、購入したとしても自分の思ったものでなければ…使いこなすことができなければ…悲惨です。

GooPass(グーパス)を利用しているカメラ好きの方々の「GooPass(グーパス)で試しに使ってみてよかった」という声はいくつもありました。

本来であれば購入しなければ使い勝手を試すことはできませんので、月々いくらかの「投資」のように捉えている方も…無駄買いをしないための月額料金と考えると、確かにそのほうが非常に経済的ですし、安心ですよね。

様々なレビューを見て悩む必要はなく、実践で使ってみて決めることができるのは、カメラ好きとしては非常に大きいのではないでしょうか?

サービスが行き届いていて好印象!

スタートアップのサブスクサービスには、サービス面での物足りなさを感じることが多いです。

ところが、2017年に設立された会社で、サービス開始は2018年というサービスでありながら、GooPass(グーパス)のお客様への対応は「好印象」という声がとても多くありました。

機材リクエストをしたら、入荷予定を伝えるための電話をくれたり…審査完了の電話も非常に対応がよく感じたり…

些細なことかもしれませんが、「良いサービスだな」と思えるものは続けていく気持ちも持続するものです。

安心して利用できそうだな、という印象を持ちました^^!

悪い口コミ

利用の際の審査が必要…

GooPass(グーパス)は高額商品を取り扱っていることもあり、レベル2以上のランクを利用する際には本人確認が必要になります。

この審査が時間がかかることもあり、中には審査に落ちてしまった!という方も。

身分証の提示や、さらに高いランクとなると電話確認…といったものなので、決して難しい審査ではないはずなのですが、どういった審査基準なのかは公式サイトにも記載がありません。

「審査に落ちるかもしれない」という可能性もあることは考慮しておかなければいけなさそうですね。

とにかく高額商品を取り扱っているので、仕方ないよね…というところではありますが…。

人気商品は借りられないことも

GooPass(グーパス)はレンタルした機材の返却期限が決まっていません。

つまり、気に入った機材は月額料金を支払い続ける限り、ずっと利用できるということです。

もちろん、そうしていると購入金額を超えてしまうため、そうする人はいないと思うのですが…人気の機材は、レンタル中で借りられないということがどうしても発生してしまいます。

いつ返却されるのかもわからないため、タイミング勝負になってしまうことも…。

個人情報の取り扱い、大丈夫?

2020年にGooPass(グーパス)は人為的ミスで、個人宛の審査結果のメールが会員全員に送信されるという事件がありました。

これに関しては代表からの謝罪もありましたが、それをきっかけに「そんなところに登録しているのはちょっと…」と退会している方が多いようです。

確かに、そのようなミスで自分の名前が知られてしまったら…と思うと、怖いですよね。

人為的ミスとのことなので、今後同じことがないように努められるとは思いますが…せっかく、素敵なサービスなのにもったいないですよね…。

https://twitter.com/maa_naa_maa/status/1314453218756186113?s=20

GooPass(グーパス)のメリットとデメリット

GooPass(グーパス)のメリットとデメリットをまとめました。

メリット1:リーズナブルに高級カメラ・レンズが利用できる

レンタルとはいえ、GooPass(グーパス)の月額料金でカメラ・レンズといった機材が利用できるのは非常にリーズナブル!

物によっては安く手に入るものもありますが、良いものが欲しい…と思ったとき、カメラ機材はかなりの金額になってしまいます。

購入することのメリットももちろんありますが、デメリットである「購入前の不安」「いざ買ったけれど合わなかった/使いこなせなかった」「出て行く金額がとにかく大きい」というところが解消できるようになっていますよ。

ランクによって月額料金が変わる仕組みによって、様々な層の「使ってみたい」が叶うようになっているのも魅力的です。

これから写真を始めたいカメラ初心者から、もっとカメラを突き詰めたい中級者、そして様々なものに手を出して極めたい上級者まで、みんなが満足できるサービスになっています!

メリット2:購入前のお試しに最適!

「カメラはハマると沼」という言葉が、あるとかないとか……実際、一眼レフカメラはレンズを変えるだけでがらっと撮れる写真が変わってしまうので、次はこんなレンズが欲しい!という欲は尽きません。

でも、その全部を買うわけにはいかないですよね。

そんなときにGooPass(グーパス)があれば、レンタルすることで実際に利用することが可能。

そうすることで「このレンズは欲しかったけど、いらないな」だとか「すごくいいから買おう」という判断が、納得の上でできますよね!

もちろん、「購入する気は一切ないけどこれは使ってみたい…」なんて欲も叶えられるので、どんな方にもぴったりハマるサービスではないかと思います^^

メリット3:サービスに好印象!

GooPass(グーパス)のサービスは、まだまだ新しいサービスなのにとても好印象!

審査の際の電話対応ひとつにおいても、「すごく好印象だった」という口コミがSNSにあるほどなので、良いものよりも悪いものが目立つ口コミの特性上、とても素晴らしいものだと推測できます。

機材リクエストをしたら入荷予定をわざわざ電話で教えてくれたりという、ユーザーの「してくれたら嬉しい」をきちんと叶えてくれるサービスの行き届いている感じは、これからもGooPass(グーパス)を使い続けようと思える要因のひとつとなるはず。

そんな素敵なメリットがあるサービス、ぜひ一度試してみたいですね♪

デメリット1:高ランクには審査がある

GooPass(グーパス)の取り扱っている商品が高額ということもあり、利用の際には高ランクになればなるほど、きちんとした利用の審査が存在します。

身分証の提示や電話確認などもあり、審査に時間がかかることも。

審査がある以上、審査に落ちるという可能性も否めません。

そういった面も予め理解した上で、余裕をもった日程で利用申し込みをしてくださいね。

デメリット2:レンタル中で借りられないものもある

返却期限を設けていないGooPass(グーパス)は、現実的ではありませんが何年でも借りることが可能です。

(※購入金額を超えてしまうことになるので、気に入った商品はある程度で返却して購入することをおすすめします!)

そのため、人気商品がレンタル中で借りられない…次いつ返却されるかもわからない…という状況になってしまうことも。

借りたいリストを利用することで返却されたら連絡がきたり、優先的に手配をしてもらうことも可能ですが、すぐに借りられるわけではないため、理解しておくことが必要です。

デメリット3:個人情報の登録がちょっと不安かも

2020年に起きた人為的ミスにより、顧客の審査結果が会員全員にメールで送られてしまう…ということが起きてしまったGooPass(グーパス)。

今後は同じようなことが起こらないように努められるでしょうが、一度そういったことが起こった以上、厳しい声も多数口コミで見受けられました。

そういった不安がある、ということもデメリットとして挙げておきますので、許容できることかどうかは、考えてみてくださいね。

GooPass(グーパス)がおすすめの人は?

GooPass(グーパス)のサービス内容や口コミから、どんな人におすすめなのかまとめてみました。

  • カメラが好き
  • これからカメラを始めてみたい
  • 初期費用を抑えてカメラ機材を使いたい
  • レンタル品に抵抗がない
  • 購入前のお試しがしたい

こんな方にGooPass(グーパス)はおススメですよ。

まとめ

以上がGooPass(グーパス)の口コミや評判とメリットやデメリットについてでした。

口コミをまとめると、非常に安い金額でカメラがレンタルできて、機材の購入前のお試しができて、サービスが行き届いて好印象だけど、利用時の審査が必要で、人気商品はレンタルできないこともあって、個人情報の取り扱いに少し不安がある…とのことでした。

メリットとデメリットをそれぞれまとめると、

  • メリット1:リーズナブルに高級カメラ・レンズが利用できる
  • メリット2:購入前のお試しに最適!
  • メリット3:サービスに好印象!
  • デメリット1:高ランクには審査がある
  • デメリット2:レンタル中で借りられないものもある
  • デメリット3:個人情報の登録がちょっと不安かも

というそれぞれいいところと悪いところがありました。

GooPass(グーパス)がおすすめの人は、カメラが好きorこれからカメラを始めようと思っていて、様々な機器を試してみたい、レンタル品に抵抗のない人ですね。

これからGooPass(グーパス)を利用したいと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

\今すぐGooPass(グーパス)を申し込んでみる!/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です